道東くしろ観光ファンクラブ - くしろ便り
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

ログインすると、会員限定ページや掲示板を見ることができます
検索
メインメニュー
天気予報
釧路地方の天気予報
26日17時、気象庁発表

日付 6月27日(火)
天気 曇り のち時々 晴れ
曇り のち時々 晴れ

詳細はこちら
アクセスカウンタ
Today
Yesterday
Total
FROM 2006/5/1
くしろ便り

カテゴリ


最新エントリ
17-05-15
カテゴリ: 釧路市内周辺 : 

MOO対岸、旧日ソ交流会館(昭和52年建築)2階に先日オープンした「釧路倶楽部」。
1階でスリッパに履き替えて入店します。
レコードが静かに流れる店内は、落ち着ける空間。大きな窓から港の景色を楽しむベンチシートが人気です。










数量限定のランチは、男性も満足のボリューム。
















昼はカフェ、夜はバーとして営業しています。
営業時間は変更される場合がありますので、公式Twitterでご確認ください。








釧路倶楽部
住所:釧路市大川町1−1−11ベイサイドビル2階
電話:080−3510−4045
営業:10時〜22時(予定)、火曜定休
URL:https://www.kushiroclub.com/
16-09-14
カテゴリ: 釧路市内周辺 : 

釧路ラーメンフェスティバルら・フェスタ2016が9月10日(土)、11日(日)の2日
間、イオン釧路昭和店駐車場で開催されました。

ら・フェスタは「麺遊会」主催のイベントで、地元の釧路ラーメンのほか

オホーツクや網走、旭川などからも出店があり、計13店舗が参加しました。


開催期間中は好天に恵まれ、多くのひとでにぎわっていました












ラーメンは1杯500円で食べることができます。

すべてのラーメンを制覇することはできませんでしたが、

お店ごとに様々なラーメンがあるので、

いろいろ食べて味の違いを楽しめました!!



ばかあたり 「「魚介x背脂」特製醤油チャーシュー」



火の車 「THE 塩トンコツ」


麺や北町 「厚岸あさりと羅臼昆布の塩ラーメン」


ほかにも食べてみたいラーメンがありましたが一人では食べきれず断念

何人かでいろんなラーメンをシェアしてみるのもいいかもしれませんね。

会場では太鼓演奏や利きスープ大会が行われ、盛り上がっていました!



毎年約8万人が訪れるという「ら・フェスタ」。

ぜひおいしいラーメンを食べに足を運んでみてはいかがですか?
16-09-01
カテゴリ: 釧路市内周辺 : 

先日8月27日(土)、28(日)で開催されました、「ご当地ブランドフェスティバル in 釧路町」へ行ってきました。

イベント会場では、各店舗に根釧地域などの様々なご当地グルメや地元の特産品のほか、地元産業などの展示・体験ブースが並んでいました。

私は2日目に行ってきたのですが、あいにくの雨…。






しかし空腹だったので天気を気にせずたくさん食べてきました

標茶町の星空の黒牛(食べかけです)


いくら丼(食べかけ。)


厚岸産の牡蠣とツブ(これも食べかけ…)


根釧ソフトクリームマップにも掲載されている
「ミルキークラウン」のソフトクリーム


食べかけばかりの写真ですみません。

どれもおいしかったです。
このほかにも豚汁やザンタレ、花咲がに味噌ラーメンもいただきました。
(お腹がすいていて写真を撮るのも忘れ食べてしまいましたが笑)

会場では大食い大会や大抽選会、特産品無料配布なども行われていました。


重量2圈直径50cmのぶたまん大食い大会

優勝賞品はなんと…!





ぶたまん詰め合わせ!!!



家でもぶたまんを食べられるなんてうれしい限りですね


ということでお腹も満足し、イベントを楽しむことが出来ました!
14-03-19
カテゴリ: 釧路市内周辺 : 

 釧路にある酒蔵、「福司(ふくつかさ)」の蔵開きが、平成26年3月16日(日)に行われました。
 
     
 
 「蔵開き」は年に一度、酒蔵の一般開放が行われる催しで、当日限定のお酒の販売などもあるため、開始直後には長い列ができていました。
 
     
 
 屋内の売店も賑わっていました。
 
     
 
 お酒の試飲のほか、甘酒の配布も行われていました。
 試飲をするために、当日は車ではなく徒歩でいったので、ほどほどに試飲させていただきました
 
     
 
 酒蔵内の見学も行われていました。
 
 左側が、現在は使われていない古い圧搾機、右側が現在使われている圧搾機です。
 
     
 
 圧搾されたお酒がでてくる「ふな口」。
 左が昔の「ふな口」、右の銀色のタンクが今の「ふな口」です
 
     
 
 圧搾前の醪(もろみ)も見ることができました。
 
     
 
 タンクの中をのぞくと、醪(もろみ)が発酵中のプツプツとした泡をたてていました。
 
     
 
 酒蔵の中には、ほかにも濃い緑色をしたタンクがたくさん並んでいました。
 
     
 
 普段、なかなか見ることができない酒蔵の中を、とても興味深く見学させていただきました
 
14-02-05
カテゴリ: 釧路市内周辺 : 

 「くしろ冬まつり」が平成26年2月1日(土)〜2日(日)の2日間、釧路市観光国際交流センター前庭(釧路市幸町3丁目)をメイン会場に開催されました。
 
     
 
 今年は1月まで積雪のほとんどない日が続き、雪像や滑り台の製作が危惧されましたが、まつりの前にまとまった降雪があり、会場ではチューブスライダーや滑り台で遊ぶ子ども達の楽しげな声が響いていました。
 
 石炭を目や口にした「釧路石炭ゆきだるま」を作る子ども達もたくさんいました。
 
     
 
 できた雪だるまが会場に飾られていました
 
 
 
 釧路市観光国際交流センター内では、「くしろ食財マルシェ」や「くしろ水産食品まつり」などが行われていました。
 
     
 
 くしろ食財マルシェでは、釧路管内8市町村の特産品などが販売されました。
 
     
 
 魚や貝に触ることができるタッチプールも子ども達に人気でした
 
     
 
 恒例の「巨大氷迷路」。
 迷路を歩くのも楽しいですが、夜になるとライトアップされてきれいです。
 
     
 
 今回は、雪像に映像を投影するプロジェクションマッピングが、くしろ冬まつりでは初めて行われました。
  
     
 
 日が落ちて寒い中でしたが、多くの方が見に来ていました。
 
     
     (※上記のプロジェクションマッピングの写真は、1/31(金)のリハーサル時のものです。)
 
 2/1(土)の18:20からは花火の打ち上げが行われました。
 
     
 
 冬の花火は空気が澄んでいてきれいですね
 
 釧路石炭ゆきだるまも、まつり終了時にはこんなにたくさん
 
     
 
 まつりの数日前まで積雪がなく会場もアスファルトや土がでている状態だったのですが、降雪により白く染まり、冬らしい雪景色の中でまつりを楽しむことができました
 

(1) 2 3 4 ... 34 »