道東くしろ観光ファンクラブ - くしろ便り
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

ログインすると、会員限定ページや掲示板を見ることができます
検索
メインメニュー
天気予報
釧路地方の天気予報
22日11時、気象庁発表

日付 9月22日(土)
天気 雨 時々 曇り
雨 時々 曇り

詳細はこちら
アクセスカウンタ
Today
Yesterday
Total
FROM 2006/5/1
くしろ便り

カテゴリ


最新エントリ
06-07-24
カテゴリ: 釧路湿原周辺 : 

みなさんこんにちわ。夏ですねぇ・・夏なの???
わたくし、この3月にめでたく釧路市民となったkomaと申します。
東京から来た転勤族の為、初めはそのありとあらゆるギャップに戸惑ったものです。
・・イヤ、今も戸惑っている!!!
だって、4月になっても雪降るわ、道走れば鹿が道を横切るわ、キツネが餌をねだるわetc、etc・・・
『うぉっ!?』『マジ??』の連続の日々でございます。
しかし、わたくしとて毎日ビビッてるばかりじゃございません。
まだまだ初心者でありますが、初心者の目から見た釧路の素晴らしさをお伝えできれば、と思います。

第一弾は、そう『初心者が見た釧路湿原』です。
〜初めて行ったのは、6月上旬の事だったのですが(遅っ!!)
当日は、天気にも恵まれ、『おぉ、こりゃ楽しみだわい、どんなんだ?え?』
と、親父指数を高めつつ釧路湿原展望台へ。
『ワォ!サバンナみてぇ(^O^)』
と、既出佐藤氏とまったく同じコメントが飛び出る。
ホントに驚きますよね、あのだだっ広さ。自然って凄い!!
帰りがけにリスも目撃し、ホクホクしながら展望台を後にしました。

・・その後の更なる感動も知らずに・・

一通りいわゆる『観光スポット』を廻って帰りがけに寄った細岡展望台。
何も期待せず、『あ〜夕方になっちった、見えるかなぁ?』なんて具合に。

『・・・』
言葉が出ないんですよね、素晴らしかったです。
夕方に行ったのがまた良かった。
結構冷えてきたのに時間を忘れてボ〜ッと眺めてました。

後から思えば、我が釧路ファンクラブのロゴと同じ景色なんですよね。
一応スタッフの一員なのにその場では全然気づかなかった。
行かれた事無い方は、ぜひ行ってみて下さい。
『夕方の細岡展望台』
かなりヤラれます。

こんな感じで、初心者が達人になって行く様を、不定期にお届けさせて頂きます。
下手な文章ですいませんが、どうぞ4649

(釧路市 koma)
06-07-11

今回ご紹介するには、「飛行場」しかも場所は「摩周湖」のある弟子屈町。
弟子屈町…何て読むの? ん〜「てしくつ」「でしくつ」?
って思っている方、多くありませんか?読み方は「てしかが」と読みます。
皆さん覚えて下さいね。
チョット話が、ずれましたがこの弟子屈町に日本一小さい飛行場があります。
旅客機が飛ぶような飛行場ではなく、観光用のセスナ機が飛ぶ飛行場なので一般的には知る方は少ないようですね。

  

ちなみに営業期間は、7月下旬〜9月中旬頃までです。
空の上から見下ろす摩周湖・屈斜路湖を堪能してみてはいかがですか?



『知ってますか?』シリーズ今後もお楽しみに…ってつづくのかなー

(弟子屈町 とおる)

面積は、7ha(ディズニーランドの10分の1以下)。滑走路の長さは、550m。
06-07-03
カテゴリ: 釧路市内周辺 : 

町の両海岸が切り立った岩肌に囲まれた釧路町の漁師町のひとつ昆布森(こんぶもり)のご案内です。

私が昆布森港に写真をとりに行った昨日と今日は、残念ながら昆布漁が行われていなかったのですが、港はずれの高台に上ってみると、ちょうど何かの漁を終えた漁船が戻ってきました。



早速、高台から降りて漁業組合前に移動するとピカピカの鮭が揚がっているではありませんか!
邪魔にならないようお断りをして撮影させていただきました。
お話しをお聞きすると、1番目に戻ってきた船からは約30本のトキシラズが揚がったということで係りの方は忙しそうにトキシラズの計量と仕分けを行っていました。(やっぱり邪魔をしている?)



トキシラズ漁は8月の中旬頃まで続くということで、地元ではトキジャケと呼んだりもします。
また、地名にもなっている昆布漁ですが今月の10日からまた漁が再開となり、早朝5:00のサイレンとともに約30艇の漁船(この近郊では一番艇数があるようです)が漁場に早く着くために競艇のようにスタートします。
漁は8:00に終了と3時間の戦い?です。

次回はこの出漁風景を掲載できればと思っております。

(低血圧で毎日が朝との戦い!新井でした)
06-06-26
カテゴリ: その他 : 

 
『ししゃもパイ』を知っていますか?
知る人ぞ知る、釧路名菓です。
「釧路って言ったらサンマじゃないの?なぜシシャモ?」
と思うかもしれませんが、
釧路はシシャモもとれるんですよ(旬は晩秋〜冬ですけど)。

恥ずかしながら、釧路人である私もこのお菓子を知ったのはごく最近。
告白しちゃいますと、
札幌に住む友人(年6回くらいは釧路に来る人)に教えてもらいました。
教えてもらったというか、
釧路に来ると必ずししゃもパイを買う友人に問いただしたというか。
その答えは、「『釧路に行くなら、ししゃもパイ買ってきて!』と周りに言われるから」というものでした。

そんなにおいしいのか…。

気になったので買って食べてみたところ、香ばしくってなかなかのお味。
お菓子にはうるさい筆者ですが、「へぇ!」と思いました。
世の中にパイは数あれども、ゴマがかかっているのは珍しいんじゃないかな?

ちなみに、原材料にはシシャモは入っていません。
(え?どうしてししゃもパイ?)
でも、そんなミステリアスな点も魅力だと思いまーす。

※ししゃもパイは、JR釧路駅のキオスク等で手に入ります。

(釧路市 ほりの)
06-06-19
カテゴリ: その他 : 

釧路湿原をゆっくりのんびり駆け抜ける列車といえば、「くしろ湿原ノロッコ号」。
皆さんも名前は聞いたことがある、という方が多いかと思いますが、文字通り、見所ポイントでは速度をグッと落として、釧路湿原の雄大さ、自然の豊かさを体感できる列車です。

 

さて、くしろには夏のノロッコ号、冬のSLと季節によって2つの列車が走っておりますが、ごくまれに変り種列車が登場します。
それは・・・「バーベキュー列車」。
なにそれ?どんな列車?と思われる方がほとんどだと思いますが、「バーベキュー列車」は列車の車内に大きなテーブルとその上にホットプレートを備え、みんなでお肉やシーフードを焼きながらワイワイガヤガヤできる楽しい列車です。
窓の外を流れる景色を眺めながらバーベキュー。車の運転の心配もないので思う存分飲んで食べて、きれいな景色をおつまみに列車の旅もいいですよ!
バーベキュー列車は現在、団体専用列車でしか走っておりませんが、年に何回か団体商品で募集をしておりますので、その時はお誘いあわせの上、申し込んでみてください!!

(釧路市 やまざき)

« 1 ... 96 97 98 (99) 100 »